京華便り「NEVER DIE」 詳細

掲載日:2019.06.19

高校2年生 沖縄研修旅行 (最終日)(3日目)(2日目)(1日目)

【最終日】

「また沖縄に来たいです。」

「珍しいオニボラの泳いでいる姿を見れて良かったです。」(理科部員談)

 

名残惜しいですが、いよいよ沖縄を後にします。大きな事故もなく、生徒達にとって良い経験・思い出になりました。生徒が帰って来ましたら、是非感想を聞いてみて頂きたいと思います。

 

 

【3日目】

あいにくの天気で体験内容が多少変わりましたが、生徒達は楽しんでいる様子でした。

「振り落とされ無いよう頑張りました。」

「サーターアンダギーまた家でも作りたいです。」

「美味しいジャムが出来ました。」

「サトウキビを煮詰めるのが熱かったです。」

「きれいなアクセサリーが出来ました。」

「麺にこしが出るように頑張ってこねました。」

 

予定通りとはいきませんでしたが、出来る事に精一杯取り組んでいる姿が印象的でした。あっという間に研修旅行も明日が最終日です。良い思い出をたくさん作って帰りたいと思います。

 

 

【2日目】

雨が心配でしたが、大降りにはならず、天気も味方してくれています。

「独特な造り、色使いでした。クラスで写真を撮りました。」(首里城)

「沖縄の文化を感じる事ができました」(沖縄ワールド)

「当時の学年の方々と自分たちを重ねました」(一中健児の塔)

「海が透き通ってました」(ビーチ)

沖縄の文化に触れながら、自分たちと年の変わらない学生の当時の様子を鑑みて、色々な想いを抱いている様子でした。

明日は多くの生徒が楽しみにしている体験学習です。ここまで大きな事故なく過ごせています。天気に恵まれることを期待します。

 

 

【1日目】

羽田空港を出発し、沖縄へ向かいました。現地はあいにくの雨模様でしたが、生徒は期待に胸を膨らませ研修旅行がスタートします。
最初は優美堂で昼飯を食べました。

「いただきまーす」

1日目はガマ、平和公園、ひめゆりの搭を訪れました。学校で作成した千羽鶴を平和公園とひめゆりの搭に奉納し、現地の方のお話を聞く事で、より実感を持って当時の事に想いを馳せる事が出来ていたように思います。
ホテルに着いてからは、一部の希望生徒は首里高校の方々とディスカッションを行い、現地の方々と意見を交換しました。
あいにくの雨でしたが、平和学習が充実した1日となりました。

「当時の方々の大変さを感じました」

「令和の時代が平和でありますように」

「沖縄で普段戦争の面影を感じる事はありますか?」