京華便り「NEVER DIE」 詳細

掲載日:2021.12.20

2学期終業式

  

 12月20日(月)に、2学期の終業式が校庭で行われました。

 校長式辞では、町田校長から校章のモチーフになっている「梅の花」の持つ意味について、話がありました。

厳しい冬を乗り越え、百花に先駆けて咲く梅の花は、艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越え、花を開かせる

人の姿を想起させるが、京華生もこれを理想にして欲しいという内容でした。今日の厳しい寒さの中で、生徒

背筋が伸びるような思いを持ったのではないでしょうか。

 年が改まると、高校3年生はいよいよ、受験本番を迎えます。体調を崩さないように万全の準備をして、

艱難を乗り越えて欲しいと思います。