学校ニュース 詳細

掲載日:2015.11.25

パイプは何本?鑑賞教室11.24

11月24日(火)鑑賞教室(京華中・高学校行事)が、東京オペラシティで催されました。

「東京オペラシティ・コンサートホール:タケミツメモリアル」というのが会場の名前ですが「タケミツ」というのは、京華の大先輩、現代音楽の作曲で著名な「武満徹」さんのことです。

「ロシア国立モスクワ・アカデミー合唱団」による、ロシア民謡、椿姫より「乾杯の歌」、アベ・マリア(グノー)、「浜辺の歌(日本の歌曲)」、パイプオルガンとの共演によるトッカータとフーガ・・・美しい歌声に時間を忘れました。

そのパイプオルガンには、何と3826本ものパイプが使われ、様々な音色に対応できるそうです・・・

20151124takemitsu