男子に特化した6年間
一貫教育

将来のイメージに向かい、徹底的に向き合う教育

  • 01.

    緻密な指導で
    学力向上を達成

    きめ細やかで粘り強い指導が京華の教育スタイル。中・高一貫教育の利点を活かした効果的な教育プログラムで学力の向上を図ります。

  • 02.

    目標実現を目指す
    柔軟性のあるコース

    一人ひとりの適性や学力に合わせたクラス編成で、効率的かつ実践的な授業と進路指導を行い、より高い目標を実現します。

  • 03.

    集中指導と個別指導で
    一人ひとりをサポート

    「英数キャッチアップゼミ」や「Z会通信添削」指導など、それぞれの生徒にジャストフィットする多様な学習支援を行います。

  • 04.

    体験型・宿泊型行事で
    信頼関係を築く

    自然の中で仲間と過ごしたり、主体的に計画を立てて行動する経験を通して人間形成を行い、生徒間や教師との信頼関係を築きます。

  • 05.

    世界に視野を広げる
    グローバルプログラム

    日々の英語教育はもちろん、世界に視野を広げるさまざまな体験型プログラムを取り入れて、生徒の国際性を育みます。

  • 06.

    家庭との連携を図り、
    力を引き出す

    家庭と学校の連携を密にし、一人ひとりに合わせたきめ細やかな指導で、「本人さえまだ気付いていない隠された力」を引き出します。

コース制と学び

中学2クラス制と高校3コース制

進路指導のエキスパートたちが、「次を担う人材は?」「どんな教育が必要か?」という観点から、時間をかけて磨き上げてきた京華オリジナルの中学2クラス制と高校3コース制教育プログラム。
きめ細やかで粘り強い指導を貫き、生徒一人ひとりの学力を大きく伸ばします。

各教科の学び

大学との連携

京華高校では、理科大学学長藤嶋昭先生による講演会、法政大学キャリアデザイン学部の学生によるワークショップなど、積極的に様々な大学との関係を築いてきました。また、平成26年6月には、國學院大學経済学部との高大連携が新たにスタートしました。これにより、夏休みには、國學院大学・渋谷キャンパスにおいて、「経済学」の講義を大学生と一緒に聴講し、必要があれば大学の図書館も利用できるようにもなりました。

国語科

最初に一言語りかけることから

高等学校国語科 岡村 信一郎

現代文は幅広いものです。学習のポイントは、なるべくたくさんの文章題を解き、さらに解いた問題で誤答になったとき、なぜかをしっかり考えることです。漢字・現代用語などの基礎力、心情の展開を考える、理論構築、書くこと、これらを重要視し、そして明るく元気な授業をしたいと思います。
京華は授業以外でも面倒見のよい先生がたくさんいます。いつでも一言語りかけてください。

自分を信じてチャレンジして

中学校国語科 岡村 信一郎

国語の授業は各学年週5時間あり、そのうち2時間は1・2年次は「表現」、3年次は「古典」を学習します。基本は、「読む」「書く」「話す」こと。あたりまえのようですが、とても大切なことです。
授業中は発言を重視していて、生徒のいろいろな意見を取り上げ、楽しく、時間が過ぎるように感じるような内容にしています。いろんな可能性を秘めた生徒の学校ですから、チャレンジ精神でがんばりましょう。

数学科

自分を磨くチャンスを用意している学校

高等学校数学科 小林 勝美

京華は生徒一人ひとりに目が届く学校です。授業では「参加させる」「やる気にさせる」雰囲気づくりを大切にしています。高校の数学は、スポーツで言えば「ルール」を覚えるようなもの。授業参加・学習努力を怠けていては、最初からすべてのルールを理解ができないのと同じです。
まずは、「習うより慣れろ」の学習方法で、繰り返し演習することを勧めています。それが自信となり、チャレンジする気持ちに結びつくはずです。

生徒の成長は、自分自身の成長です。

中学校数学科 野々下 典生

京華はメリハリのある学校です。授業では生徒が集中できるよう、わからないことは授業中に解決できるようにしています。日々の練習を重ね、筋道を立てて考えることができるようになると、数学はもっとおもしろくなるはず。
集中力をつけるといいですね。最初からわかっていることなんてありません。わからないことはどんどん私たちにぶつけてください。いっしょに納得しましょう。

理科

中学・高等学校理科 渡辺 昌和

教科書には、身の回りの不思議について、その仕組みなどが整然と書かれています。教科書を読んで知ってしまえば当たり前のことも、実はたくさんの研究成果が積み重なって導かれた結果です。
例えば、「植物が光合成をすると、二酸化炭素を吸収し、酸素を発生する。」その過程でデンプンができるということは、今でこそ小学生でも知る事実です。しかし、これだけのことを解明するために、少なくとも6人の研究者が関わり、1648年~1864年の約200年の歳月が費やされているのです。きっと、この過程では多くの試行錯誤があり、失敗が繰り返されたと思われます。もちろん、今と同じ条件ということはありませんが、未知の現象を解明する…ということに関しては同じことだと思うのです。
一つの疑問を解明してゆくには粘り強さと、基礎力が欠かせません。京華では実験や観察を多く取り入れ、実物に触れることで器具の扱いや手順を指導しています。それでも、きちんとやったのに思うような結果が出ないこともあるかもしれません。大切なことは、その時の“なぜ”に隠されています。失敗から多くのことを学びとることも大切なことなのです。実体験から生まれる興味が、君たちの将来に役立つように、心がけて授業をしています。

社会科

中学・高等学校社会科 山田 道行

例えば、「歴史」は、単なるエピソード(出来事)の羅列ではありません。出来事のつらなりの中にも、必然性が隠れています。いくつかの条件が重なれば、起こりそうにないことが現実となることもあります。それは、現代にも通じることかもしれません。だからこそ、「歴史の学習」が、「現代」を読み解いたり、「未来」への指針を探し出したりする為のマジックワンド(魔法の杖)にもなるのでしょう。そんな「宝物」を探しながら、「歴史」が学べたらおもしろいですね。同じようなことは「地理」や「公民」、「政治経済」等の学習にも当てはまるはずです。さあ、私たちと一緒に、「現代をよりよく生きるための鍵」「未来への道標」を探してみませんか。

英語科

英語を一日3回は目にするのが目標

高等学校英語科 奈良 潤一

授業でも、話を聞くときには生徒と同じ目線で接し、生徒に考える時間を与えるよう努めています。英語は覚えても忘れていくのが当たり前というスタンスで、まず目にする機会を増やしてほしい。
読解では、大意をとらえるよう読み進めてほしいと思います。京華なら、今しかできないことに気づかせてくれる生徒が大勢います。やるべきことを、京華で見つけてもらいたいと思います。

キーワードは「継続」「反復」「分量」

中学校英語科 坂井 健

英語は手段であって、目的ではありません。自分とほかの世界をつなぐひとつの道具です。
ですから、授業も比較文化、社会事象、自己啓発などのトピックを取り上げ、英語を通して考える習慣をつけるよう工夫しています。Education(教育する)の語源は、eu(善)をduc(導く)という意味です。京華は「良きことを導く」をしっかりやる学校です。ともに学び成長していきましょう。

保健体育科

中学・高等学校体育科 進藤 修

本校では、体育に格技(柔道・剣道)を取り入れ、専門教諭の指導の下、礼節を尊ぶ授業を行い、初心者でも卒業までに初段を取得することを目標にしています。一般体育や保健の学習も重視しています。スポーツフェスティバルや体育祭に向けては、全校一致しての取り組み指導を徹底します。

芸術科

中学・高等学校芸術科 江波戸 英則

音楽は「音」を「楽しむ」教科です。中学・高校共に楽しい授業を目指しています。高校生はギター演奏を中心に授業を行い、1年も経つと一人で曲が弾けるようになります。美術では、工芸・塑像製作を中心に授業を行っています。

情報科

中学・高等学校情報科 松本 知之

携帯電話・スマートフォン、インターネットが広く普及するようになり、様々な情報を比較的容易に入手できるようになりました。しかし、これは便利な反面、危険性もはらんでいます。入手が簡単な情報の中には、不正確で誤ったものも多く、その見分けは簡単ではありません。本校の情報の授業では、ワープロ・表計算・プレゼン用ソフトなどの基本を習得するとともに、今後将来にわたってパソコンを活用していく上で、「ITとの正しい付き合い方、正しく役に立つ情報の活用力」を身につけることを目指しています。は、全校一致しての取り組み指導を徹底します。

家庭科

中学・高等学校家庭科 三上 沙織

家庭科は、「生活」そのものが学びの対象です。普段、当たり前と思っている「生活(毎日)」でも、振り返ればたくさんの発見があるはずです。そんな発見をめざして、衣食住、保育、高齢者、家族・家庭といった生活の土台となる事象の学習はもちろん、裁縫実習や調理実習などの手作業にもこだわり、実践的に授業をすすめていきます。食生活や住空間についての正しい知識はもちろん大切ですが、五感も十分に使って、楽しく実用的に学んでいきましょう。

お電話でのお問合せ

03-3946-4451

WEBサイトから

資料請求・お問合せ