OBのメッセージ イメージ

OBのメッセージ

司法試験に大学4年で合格しました。
弁護士になります。

京華を選んだのは、「面倒見がよさそう」だと思ったからです。僕は中学・高校ともに陸上競技部に所属して、短距離を専門にしていました。高校進学前くらいからのめりこんで、自分自身の精神・人格の陶冶に非常に役立つたとともに、仲間とのよい思い出がたくさんできました。
慶應を目指したのは高校2年の半ばですが、基礎となる、教科書や問題集などの情報ベースを決めて、それを繰り返し読みとくことをしました。自分に妥協しないで、短いスパンで明確な目標を決めて努力することで、大きく前進できると思います。京華は人とのつながりもつくりやすく、良い環境で生活できる場所、温かみのある場所だったと思います。京華での努力が、大学でも生きたように思います。

原君 慶應義塾大学法学部法律学科

自分ですすんで勉強しなければ、大学に行けるとは限らない。

京華は進学率が高く、校風が自由な感じだつたので選びました。京華では、先生たちがそれぞれ補習を開いていて、生徒の質問にも面倒くさがらずに答えてくれます。そのうえ、「朝、自習をしたいので自習室をつくってください。」といったら、本当につくってくれたのです。
おかげで学校に早く来て授業開始までに自習したり、放課後の補習にすすんで参加したりと、学校での空き時間を有効に使え、自分の自習室や勉強部屋のような感じでした。京華は勉強する環境がととのつています。大学を目指すにはとてもいい学校です。でも進学校に入ったからといって、自分ですすんで勉強しなければ大学に行けるとは限りません。自発的に、頑張ってください。

村上君 上智大学理工学部化学科

大学在学中、外交官試験に合格しました。

京華を選んだ理由は、親切な指導だという評判だったからです。その評判どおり、受験校を決めた高校3年の初めのころ、担任の先生とはとても熱心に話し合いました。もちろん自分でも努力しましたが、先生には具体的な勉強方法から、スランプにおちいったときなど、精神的な面でのサポートまで、本当にたくさん指導してもらったと思います。 いちばん大切な時期でしたから、僕の心の支えになってもらって本当に感謝しています。
学校行事などのイベントもそれぞれに充実していてたくさんの思い出がありますし、その中で、かけがえのない友人をつくることができたと思います。
大学では法学を学び、外交官試験に合格したので、将来の道を作れました。外務省で、外交官として頑張り続けます。

山田君 上智大学法学部

伝統ある学校で学んで、現実から逃避せず、未来へ羽ばたけ。

最初に京華を訪れたときから、校風が自分に合っているなと感じ、また長い伝統のある学校だと実感したこともあって迷わずここにくることを決めました。先生方も、自分ではわからないところを何度もていねいに教えてくださり、同時に勉強するための「気力」を分けてもらったような気がします。京華には、能力アップもさることながら、やる気を作る環境と空気があると思います。志望学部は入試直前に決めたのですが、きっかけは先生の一言でした。勉強も、基礎をしっかり復習することを心がけ、覚えていきました。将来、公務員になって、行政を底辺から支えたいという希望があります。みなさんも自分を見つめ、現実を踏まえて未来へ羽ばたいてください。

鎌田君 慶応義塾大学環境情報学部

先生に教わった参考書で、毎日の勉強を進めて成功した。

京華でいちばん印象に残っているのは、高校1年のときのスポーツフェスティバル。自分のクラスのフットボール、ソフトボールの成績が非常によかったのですが、自分のチームは初戦敗退をしてしまい、ずっと応援をしていたのです。今ではよい思い出です。
受験に向けて発進したのは、高校1年の3学期です。三者面談の帰りに、先生から教えてもらった参考書を買って、その日から毎日一定量の勉強を始めました。その後、得意科目と入試科目が同じなことを発見して、2年で学科決定をしたのですが、そのとき、はっきりと志望校が決まりました。京華は自分の長所を伸ばしてくれた学校です。考え込まず、気合を入れすぎずに勉強を続けてください。

関君 東京工業大学第一類